秘密の武器 - フリオ・コルタサル

秘密の武器 コルタサル

Add: linidur17 - Date: 2020-12-08 10:36:40 - Views: 1919 - Clicks: 9144

秘密の武器 / コルタサル作 ; 木村榮一訳 Format: Book Reading of Title: ヒミツ ノ ブキ Language: Japanese Published: 東京 : 岩波書店,. 『秘密の武器』 『悪魔の涎、追い求める男 他八篇』等がある。 光文社の古典新訳文庫。 このシリーズは、今まで知らなかった名作、傑作の数々をお手軽に発掘する事が出来る、 個人的に注目度の高いレーベルです。 このフリオ・コルタサルという作家も、. フリオ・コルタサル(Julio Cort&225;zar、1914年 8月26日 - 1984年 2月12日)は、アルゼンチンの作家・小説家。 主にカスティリャ語で書き、フリオ・デニス(Julio Denis)の筆名も用いた。.

スペイン語圏の文学の魅力を多くの方に知っていただくため、このサイトで日本で翻訳出版されたスペイン語圏の書籍情報を随時掲載していきます。Traducciones de obras literarias en espa&241;ol. アルゼンチンの作家フリオ・コルタサルは,一 般に幻想小説の名手として知 られており,主 に短編の分野で数々のすぐれた作品を生み出している。1951年. 秘密の武器 / J. ボルヘスと並ぶ、アルゼンチンの代表的幻想作家フリオ・コルタサルは1914年ブリュッセルに生まれた。少年の頃から英・米・仏の古典文学、さらにはシュルレアリストらの作品を愛読した彼は、1951年渡. コルタサル「秘密の武器」世界幻想文学大系30 5編収録 「母の手紙」★★★★ 兄の恋人を奪い、兄の死とともに母を捨てて駆け落ちしパリに移住した男が、母からの手紙で過去に引き戻され、兄の影に付き纏われる話。故郷と親から都会へと逃げ出した人間の葛藤が微妙に超現実的なタッチで.

18 (1刷) カヴァー装 “Los premios”、“Rayuela” 等で知られる著者の、第三短篇集 【収録】 「母の手紙」 「女中勤め」. 秘密の武器 / コルタサル作 ; 木村榮一訳 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: ヒミツ ノ ブキ 言語: 日本語 出版情報:. 世界幻想文学大系30 秘密の武器 J・コルタサル 訳:木村榮一 国書刊行会 > ホーム 昭和56年 四六判 P254 函カバー少スレ 本体セロハンカバー端少イタミ 月報付. 著述スタイルの冒険。翻訳物も冒険だ。 フリオ・コルタサルと言えば『石蹴り遊び』で有名なラテンアメリカ文学の雄で、幻想的な作風で知られている作家です(しかし、ラテンアメリカ文学というとガルシア・マルケスがノーベル賞を取って以来、必ず「幻想的」という形容詞が使われます. 商品詳細 『秘密の武器』 フリオ・コルタサル 木村榮一 訳 岩波書店 岩波文庫 A6・318p ISBN:. フリオ・フロレンシオ・コルタサル・デスコット(Julio Florencio Cort&225;zar Descotte)(以下フリオ・コルタサル)は、1914 年にベルギーの首都ブリュッ セルに生まれ、その後両親の故郷であるアルゼンチンに戈るが、1951 年にはふ.

コルタサルのおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindle. 『海に投げこまれた瓶』フリオ・コルタサル 原題は所収の別の一篇のタイトルを採って『ずれた時間』であった。 どういう理由でこの表題になったかは「訳者らの判断による」と解説にあるが、この短篇集の一つ前に発表された『愛しのグレンダ』という表題を持つ短篇集の存在が大きいので. フリオ・コルタサル生誕100年! 日常のなかに突如として闖入してくる《鮮烈な夢のイメージ》を作品へと昇華させるコルタサルが、実験的な語りの手法を用いて《自分の最も奥深い部分》を表現し、幻想と日常の交錯を多面的に描き出した傑作短篇8篇を収録する1974年刊行の短篇集『八面体』の. 』や『秘密の武器 (岩波文庫)』などコルタサルの全7. フリオ・コルタサル / 水声社 /08 税込¥2,420: 対岸 フリオ・コルタサル / 水声社 /02 税込¥2,200 : 秘密の武器 フリオ・コルタサル / 岩波書店 /07 税込¥924: 遊戯の終わり フリオ・コルタサル / 岩波書店 /06 税込¥792: 愛しのグレンダ.

コルタサル著 ; 木村榮一訳 資料種別: 図書 出版情報: 東京 : 国書刊行会, 1981. 7 形態: 317p ; 15cm シリーズ名:. そして、ぼく同様にコルタサルのこの一文に囚われた作家がいた。フランスの作家フランソワ・ジョリ。フランス推理小説大賞とロカール賞を受賞した『鮮血の音符(Notes de sang)』(1993年)という彼のハードボイルド小説には、エピグラフとしてこの一節が引用されていたのだ。. 今回から課題図書候補を4冊ピックアップし、Twitterでの投票によってトップの本を課題図書にするという試み、最初は100票以上の投票をいただきました。ありがとうございます。しかし、終了前日まで1位と2位だったヴォネガット『猫のゆりかご』とヴァージニア・ウルフ『ダロウェイ夫人』が. フリオ・コルタサルとは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。. 小説・エッセイ / 文庫. Saab 900 on snow / Ylinen Finland 福井県の国道8号で大雪のため約680台もの車が立ち往生し、身動きが取れない状態になったというニュースをきいて、フリオ・コルタサルの「南部高速道路」という.

1938年「Presencia」 1945年『対岸』 1951年「Bestiario」 1956年『遊戯の終り』 1959年『秘密の武器』 1960年「Los premios」 1962年「Historias de cronopios y. フリオ・コルタサルの短編小説「母の手紙」。岩波文庫の『秘密の武器』で読みました。兄の婚約者を奪って結婚した男が主人公です。兄はおとなしく引き下がり、その後まもなく結核で亡くなります。主人公夫婦はブエノスアイレスからパリに移り住みましたが、2人の生活は幸福なものでは. 秘密の武器 - コルタサル/作 木村榮一/訳 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. フリオ・コルタサル Julio Cortazar 1914 - 1984 アルゼンチンの作家。ベルギーのブリュッセル生まれ。1918年. 秘密の武器 世界幻想文学大系30 / フリオ・コルタサル 木村栄一訳 +クリックで拡大.

ビオイ=カサーレス『モレルの発明』(水声社)、ギジェルモ・マルティネス『オックスフォード連続殺人』(扶桑社)、他 ボルヘスから受け継がれる、知的幻想の遺産。ボルヘス、コルタサル、プイグに代表されるアルゼンチン文学とはブエノスアイレス文学であり、最大の特徴は知的幻想性と. コルタサル『秘密の武器』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約69件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 6 形態: 254p, 図版 2 p ; 20cm. フリオ・コルタサル 略歴 〈フリオ・コルタサル〉1914〜84年。ベルギー生まれ。両親とともにアルゼンチンへ戻り、地方教員時代を経て、詩や短編小説の創作を手掛けるようになる。著書に「遊戯の終わり」「石蹴り遊び」など。. フリオコルタサル 本 年6月8日 Amazon. 今回の「新・山形月報!」は、フリオ・コルタサルの作品をメインに据えた書評です。コルサタルの『八面体』(水声社)、『秘密の武器』、『遊戯の終わり』、『悪魔の涎・追い求める男 他八編』(すべて岩波文庫)、『かくも甘く激しきニカラグア』(晶文社)などの作品、そして、a・e. フリオ・コルタサル. コルタサル の書く「幻想.

コルタサル 『秘密の武器』 木村榮一 訳 岩波文庫 赤/岩波書店 年7月18日 第1刷発行 317p 編集付記1p 文庫判 並装 カバー 定価780円 Jacket illustration: Stephen Longstreet. 秘密の武器 (岩波文庫) 作者:コルタサル 発売日: /07/19 メディア: 文庫 『秘密の武器』コルタサル著 木村榮一訳を読む。 『母の手紙』ルイスは兄のフィアンセ・ラウラを横取りして結婚。パリで暮らしている。兄は死んだのに、ブエノスアイレスに住む母から時おり届く手紙には生きている. 商品コード: 23731 秘密の武器 世界幻想文学大系30 / フリオ・コルタサル 木村栄一訳 販売価格. 勇躍、「秘密の武器」(フリオ・コルタサル 国書刊行会 81初函)に 取りかかったはいいが、やはり腹が立つ。怒りで血圧を上げながら、 それでも表題作「秘密の武器」を読む。コルタサル、ほんとにいい。 好. フリオ・コルタサル / 木村栄一. 秘密の武器. 悪夢、幻想、狂気―本書は言語化されたコルタサル自身のオブセッションであり、読む者をその妖しい魔力で呪縛して読後に烈しい恐怖と戦慄をもたらす、不気味で完璧なオニリスムの結晶である。幻想小説の至高点を求め続けた短篇の名手コルタサルの、その転換期の傑作「追い求める男」の. フリオ・コルタサル フリオ・コルタサルの概要 ナビゲーションに移動検索に移動フリオ・コルタサルJulio Cort&225;zarフリオ・コルタサル誕生1914年8月26日 ベルギー・ブリュッセル死没年2月12日(69.

「秘密の武器」コルタサル作 木村榮一訳 フリオ・コルタサル(はアルゼンチンの作家である。 日本では余り馴染みの無い作家であるが、イタリアの映画「欲望」(原題:ブローアップ、ミケランジェロ・アントニオーニ監督)は本書にも収録されている「悪魔の涎」が原作である。. 秘密の武器 (岩波文庫) 著者 コルタサル (作),木村 榮一 (訳) 読む者をその妖しい魔力で呪縛する、不気味で完璧なオニリスムの結晶。幻想小説の至高点を求め続けた短篇の名手コルタサルの転換期の傑作「追い求める男」を含む、息詰まる緊張感をは. フリオ・コルタサルの中編小説「追い求める男」。岩波文庫の『悪魔の涎・追い求める男 他八篇 コルタサル短篇集』や、同じく岩波文庫の『秘密の武器』に収録されています。どちらも木村榮一訳です。主人公は天才的なサックス奏者ジョニー。語り手は、ジョニーの伝記を書いているジャス. /10/04 - 西欧の幻想文学を翻訳する「世界幻想文学大系」シリーズ第30巻。アルゼンチンの小説家、フリオ・コルタサルの小説「秘密の武器」の他、「母の手紙」「女中勤め」「追い求める男」などを収録。編集は荒俣宏、紀田順一郎、翻訳は木村榮一、装丁は杉浦康平、鈴木一誌。. 秘密の武器 / コルタサル作 ; 木村榮一訳 資料種別: 図書 出版情報: 東京 : 岩波書店,. コルタサルの短編集『秘密の武器』(岩波文庫)の訳者解説で的を射た解説文を見つけたのでここに引用しておこうと思います。これからコルタサルの作品を読もうとする人々へ。 「この短篇集(『秘密の武器』のこと。.

石蹴り遊び フィクションの楽しみ. ― コルタサルの現実認識― 大西 亮. フリオ・コルタサル: 秘密の武器 - フリオ・コルタサル 水声社: /02 ,200: 秘密の武器 : フリオ・コルタサル: 岩波書店: /07 4: 遊戯の終わり : フリオ・コルタサル: 岩波書店: /06 2: 愛しのグレンダ : フリオ・コルタサル 岩波.

Definitions of フリオ・コルタサル, synonyms, antonyms, derivatives of フリオ・コルタサル, analogical dictionary of フリオ・コルタサル (Japanese). オンライン書店 Honya Club. いろんな本を紹介しています。 読む本辞典. フリオ・コルタサル『世界幻想文学大系〈第30巻〉秘密の武器』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約3件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. フリオ・コルタサルの短編小説「秘密の武器」。岩波文庫の『秘密の武器』で読みました。主人公はピエールという名の青年。ミシェルという名の恋人がいます。ミシェルはガードが堅く、彼を拒み続けていますが、ある日、両親が留守の時に彼を別荘へ招いてくれます。 青春小説のような.

秘密の武器 - フリオ・コルタサル

email: qukymav@gmail.com - phone:(455) 859-6382 x 3981

WALL・E オフィシャル・ファンブック - クラシックを弾きたくて やさしく弾ける

-> プラチナダイアリー・プレステージ 2018年1月始まり Bー330 - 成美堂出版編集部
-> 知られざる日本の優秀企業 2008 - 現代書林特別取材班

秘密の武器 - フリオ・コルタサル - 川原世雲 小筆練習帳


Sitemap 1

リリー・マルレーン 上 - L・アンデルセン - 天使の猫